Facebookの使い方 友人の増やし方のコツや出会いに関して

Facebookはタイムラインの投稿の仕方を変えたり、プロフ設定を見直す事で友人申請が承認されやすくなります。

友人を増やしてもっと沢山のコミュニケーションを楽しみたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

名前:YMK

管理人の知人で元ブロガーさん。たまーに記事を書いてくれる助っ人さん。

Facebookで友人を増やしたい!
でも中々友人が増えない…

こう思っている方は多いと思います。

友人を増やしたくて闇雲に友人申請を送っても効果は薄いです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

ここでは友人を増やす為に必要な事や、Facebookを通した出会いに関して解説させていただきます。
(主に男性会員が女性会員の友人を増やす事を前提に書いています)

Facebookで友人を増やす為に必要な事

-まず最初に-

闇雲に友人申請を送り続けるとFacebook側に規制されます。

最悪の場合、アカウント利用停止処分を受けるので、短時間に大量の申請はご法度と覚えて下さい。

(最悪こうなります)

友人を増やす為に必要な事① 名前

-↓絶対NGな例↓-

偽名でもFacebookは出来ますが、例えば「幼女好きオヤジ」とか、こう言う明らかにヤバい名前は完全に論外です。

YMK
YMK

たまーにヤバい名前の人見かけますね…

論外な名前を除けば、普通の名前であれば特に問題はありません。
でも表記に気を付けて下さい。

-名前の表記-
「漢字」
「カタカナ」
「ひらがな」
「ローマ字」
↑   ↑

この中で「ローマ字」は友人申請を断られる可能性高くなるので避けて下さい。

あまり見かけない漢字が含まれている場合、この場合も他の表記にした方がいいです。

名前の表記を気にする理由

気にする理由 ①女性会員の元には大量の友人申請が来ています。
②Facebookは海外の方も非常に多くいます。
③海外の方は感覚が違います…

まず③から遡って理由を説明していきますね。

-外人お断りの女性が多い-

女性会員が、海外の方(男性)からの友人申請を承諾した場合、いきなり通話の嵐になります。

YMK
YMK

出るまで何度もかけてきます…
そう言う人が数人いたら1日中鳴りっぱなしになります…

時差があるから夜中に鳴りっぱなしとかもあります…

日本人感覚で言えば、「いきなり通話は失礼かな?」と思う所が、海外の方は感覚が違います

日本語なんて一切わからなくても、何度も繰り返し着信を残します…

YMK
YMK

正直恐怖だし、物凄く迷惑なんですよね…

これが原因でメッセ自体を止める女性も少なくありません。

通話だけではありません。

いきなり女性のタイムラインにワイセツ画像を貼ります。
もちろんメッセでもそう言う画像を送ってきます。

自分の股間や性行為の画像とかですが、正直あり得ない行為をしてきます。

YMK
YMK

仮に英語で文句を言ったとしてもまるで効果がありません。

「ワイセツ画像は迷惑です!止めて下さい!!(英語)」

海外男性「どうしてだい?僕のコレ大きいだろう?僕のコレはとても気持ちいいんだよ?早くアナタの裸を見せてくれないかい?もう我慢出来ないよ(英語)」

YMK
YMK

こんな感じでまるで会話になりません…

なので、多くの女性会員が海外の方からの友人申請を却下しています。

-海外の方を拒否するまでの流れ-

海外の方からの友人申請を承認する

承認した方の友人が一斉に申請してくる来る
(知り合いかもリストに載るせいだと思います)

申請を承諾したら迷惑行為の嵐

女性はひたすらブロックやリクエストを拒否し続ける事になる

海外の方が全員それをする訳ではないですよ?

でも、それを先に見抜くなんて出来ませんから、結果的には「外人お断り」になります。

YMK
YMK

まとめると、海外の方を1人でも友人OKにしたら後が面倒なんです

説明が長くなりましたが、Facebookをやってる女性の多くは「外人を警戒しています」

-名前の表記を気にする理由-

ここで名前の表記の話に戻りますが、ローマ字表記だとぱっと見で外人なのか日本人なのかわかりません。

(こんな感じでずらっと並んでます)

勿論よく見ればわかりますよ。

でも女性会員の元には大量の申請(友人リクエスト)が来ていますから1件1件凝視なんてしません。

「ハングル文字」
「アラビア語」
こう言うのは分かりやすいので、すぐ申請を却下します。

「ローマ字」や「漢字」は、ぱっと見で日本人なら申請OK、外人なら却下します。

その過程で、日本人の名前なのにローマ字表記だから間違って友人リクエスト申請を却下した…なんて事が多発します。

あまり見慣れない漢字を含む名前も中国語と勘違いして申請を却下する事もあります。

まとめ 外人と間違われて友人リクエストを却下される事があるので、名前は日本語にしましょう。

友人を増やす為に必要な事② プロフ

Fecebookで言う基本情報の事です。

詳細に個人情報を載せる必要はありませんよ。でも中には自分の性別すら隠している人がいます。

そう言う人ってタイムラインもプロフ写メも無かったりするんですよね…

「タイムライン無し、基本情報無し」

正体不明過ぎて怖くないですか?

YMK
YMK

性別や簡単な自己紹介がある人の方が友人申請を承認しやすいので、基本情報は大事ですよ。

まとめ最低でも性別と自己紹介は書いておいて下さい。
YMK
YMK

世代がわかるように誕生日(年)も出来ればわかるようにした方がいいですね。

友人を増やす為に必要な事③ 写真

写真無しよりは有りの方がいいです。

写真有りの中でも自分の写真が載っている人の方が人となりがわかるのでオススメです。

-避けた方がいいプロフ画像-

①アニメ
②思想
 

何が好きかは人それぞれですが、友人作りを念頭に置くのであれば、こうした画像をプロフ画像にするのは避けた方がいいと言えます。

-①アニメ-

アニメが好きな事は何も問題ではありませんよ。

でもプロフ画像は名刺みたいな物ですから、大人になって名刺がアニメって微妙に感じる人が多いのも事実です。
特に幼女系のキャラの画像は微妙に感じる人の方が多いです。

もう1度言いますが、アニメが好きな事に問題がある訳じゃないですからね。
出来るだけ万人ウケを狙いましょうって事です。

-②思想-

例えばですが「旭日旗」がプロフ画像になっている方をたまに見かけます。

別に旭日旗の存在を否定するつもりは一切ありませんよ。
ありませんけど、プロフがそれってなんか怖いですよ…。

主義主張や思想は自由です。でも、プロフ画像は人当たりがいい物を選んだ方が友人作りは楽ですよ。

-自分の顔写真を載せる場合-

①背景 
②角度 
③距離 
④明るさ

この4つは必ず気を付けて下さい。

-①背景-

生活感満載の室内よりは、綺麗な部屋や屋外で撮った方が写りがよくなります。

-②角度-

下から撮らないで下さい。下から撮っても写りがいい人って極わずかです。

顔と同じ高さか少し上から撮りましょう。

-③距離-

被写体との距離です。
ドUPの写真って例え女優レベルの顔でもいい写りにはならないので、最低でもある程度の距離を取って撮りましょう。

-④明るさ-

室内で取るとどうしても暗い写真になりがちです。

光量が写真写りに与える影響はかなり大きいので、室内で明るさが足りない場合は晴れた日の屋外で撮りましょう。

YMK
YMK

男性ってあんまり自撮りしないから、撮り方に無頓着な人多いですよね。

ちょっとした事で写真写りはかなり変わりますから是非試してみて下さい。

-余談-

一昔前にSNOWが流行りましたよね。
動物の耳とか付けられてカワイイのはカワイイんですけど…男性でアレをやるのは微妙だからアプリ加工は控えめが無難です。。。

友人を増やす為に必要な事④ タイムライン

1 自分が投稿したタイムライン  
2 自分以外が投稿したタイムライン

それぞれ分けて解説させていただきます。

タイムライン(自分の投稿)

友人申請を承認するかどうかは、相手がどんな人かによりますよね。
なのにタイムラインが白紙ではどんな人かわかりません。

-内容の無い投稿-

「腹減ったー」
「最近つまらん」
「眠い」
「彼女募集中」

白紙じゃなくても、こう言う内容の無い短文のつぶやきだけのタイムラインだと友人申請の承認率は下がります。

ニュース等をシェアすしてるだけも同様です。
(コメント付きシェアではなくコメント無しでシェアだけ)

-極端な思想の投稿-

また、極端に右寄りや左寄りなどの思想が詰まったタイムラインも怖がられて申請承認されにくいです。
(攻撃的な単語が目立つ場合も同様です)

-個人情報は必要ありません-

内容が無いのは避けたいですが、個人情報満載にする必要はありません。

「★日★時に★★に行き★さんと★をした」例えばですがここまで晒さなくても適度に人となりが分かれば十分です。

-出来れば画像も一緒に投稿-

出来れば画像付きのタイムラインの方が伝わりやすいからオススメですよ。

画像があった方が他の人の目に留まりやすいので、絡むキッカケが増えます。

投稿で気を付けたい事長文の場合は必ず改行しましょう。
改行無しの長文って読み辛いですよ…
まとめ人となりがわかるようなタイムラインを普段から書いておきましょう。
YMK
YMK

時事ネタをテーマにすると話題には困らないので書きやすかったりしますよ。

タイムライン(他人の投稿)

-いいね-

ある程度以上の数のいいねが付く人は、誰からいいねが来てるのか把握していません。

例えば
「一切コメントせず、毎回いいねするだけ」

この場合、あなたがいいねしてる事を相手は気付いてすらいません。

相手へのアピールをする場合は、いいねだけではなくコメントも残しましょう。

YMK
YMK

キッカケ作りのいいねのつもりでも、いいねだけだと気付かれなくてキッカケにならないんです…

-気付かない理由-

女性の場合届く通知の量が多いので、誰が何にどんなアクションを起こしたのか把握出来ません。

通知も通知で
「★★さん、他◆名があなたの投稿にリアクションしました」
こんな感じで届きますから、ますます把握出来ません。

勿論いいねの反応は嬉しいですよ。
でも「この人はこのタイムラインにいいねした」とまでは覚えられないんです。

-理想はいいねとコメント両方-

いいねだけでは気付かれなかったり把握出来ないので、絡むなら「いいね」+「コメント」と両方使いましょう。

コメントを見た別の人が友人申請して来る事もありますから、コメントは大事ですよ。

友人を増やす為に必要な事④ 最初の絡み方

どこで相手を見付けて、どうやって絡むのがいいのか。
無難な形を簡単にまとめました。

絡む相手を見付ける場所

①Yahooニュースのアカウントなどのコメント欄
②グループに参加する
③友人のコメント欄

ここで気を付けるポイントが1点。

友人のコメント欄など、他人の会話に参加する場合は断りを入れてから参加しましょう。
突然の乱入を嫌う人は多いので要注意ですよ。

最初の絡み方

男性が女性に絡むのを想定しています。

男性「初めまして」  
男性「カワイイですね」

こう言う短文感想のコメントはあまり意味がないと思って下さい。
女性が返事に困ります。

男性「初めまして」
  女性「こちらこそ初めまして」
 ~終了~

男性「カワイイですね」
  女性「ありがとうございます」
 ~終了~

男性「話しませんか?」
男性「絡みませんか?」

こう言うも微妙です。

話題を振って下さい…。
女性から話題を振ってもらうのを待たないで下さい…。

これ多くの女性が「めんどくさいな…」と感じている典型的な絡み方なんですよ。

絡み方の模範解答相手のタイムラインやコメントの内容に対するコメントを書く。

-グループ内の投稿に関して-

グループ内で女性が投稿したタイムラインにコメントしたのに返事が来ない事はよくありまます。
返事が来ない=業者なんだ!」と言う人もいますが大きな間違いです。

-返事が無い理由-

女性の元には大量の通知が届いています。
(大量のいいねやコメントの通知)

ある程度通知を確認していたとしても、全てを網羅は出来ません。

ずっとグループの書き込みを追い続けている訳でもないので、グループ内の投稿コメントされても気付かない事も多いです。
(そもそも自分のタイムラインと違って探しにくい)

YMK
YMK

無視したいんじゃなくて、気付けないんです…
沢山の通知で把握しきれないんです。

また、グループ内に挙げた女性の投稿を見た男性が、投稿した女性のページに飛び、グループ内の投稿ではなく女性のタイムラインにコメントを残す事も多いです。

グループへの投稿をきっかけに直接のアクションが女性の元に届きますから、女性はグループの投稿を追う必要がさほどないとも言えます。

YMK
YMK

投稿に返事しないなら投稿するな!って思うかもしれませんね…

でも投稿をきっかけに女性の元に直接アクションが届きますから、女性側はある程度満足してグループの投稿が放置になる事も多いんですよ…

まとめグループ内投稿へのコメントで「返事が無いから業者」と考えるのは早とちりです。

友人を増やす為に必要な事⑤ メッセ

男性ってすぐ「メッセで話そう!」って言い出しますよね…
一切絡んだ事も無しにすぐそう言ったりとかやめません?

-女性が抱くメッセの印象-

大半がエロ目的
コメントと違って他の人に見られない分、欲望全開のメッセ送ってくる男性はホントに多いです。
ワイセツ画像も珍しくないですよ。
(外人よりは頻度は少ないですけど)

しつこい
返事が無くても一方的に何十通も重ねて送る人も多いです。

きりがない
海外の方からの友人申請を承認するとの同じ位、1人でもメッセしだしたらきりがありません。

全然絡んですらいない
しかも大半が、友人になっただけで絡みも無いのにメッセを要求してきます。

男性は「便利な密談ツール」って印象かもしれませんが、女性からすればメッセは嫌な思いをする可能性が高いツールです。

-メッセの実態①-

例えばですけど、こんな感じで返事もしてないのに一方的に送ってくる人がかなりいます。

 ↓  ↓
1通目「初めまして」  
2通目「絡みませんか?」
3通目「返事無いですね」
4通目「無視ですか?」 
5通目「エッチ好き?」 
6通目「写メ送ってよ」 
7通目「無視すんな!」 
8通目「ブロックします」

1度も返事してないのに、1人で送り続けて勝手に去っていくタイプです。

YMK
YMK

メッセだとこんな感じなのに、プロフやタイムラインを見ると妻子持ちのお堅いサラリーマンだったりとか、見かけによらない事も多いから余計に怖いですね…

-メッセの実態②-

友人申請を承認しただけで一切絡みが無いのに

「どこに住んでますか?」とか
「彼氏はいますか?」とか  
「会いませんか?」とか   
「LINE教えて下さい」とか  

1通目からいきなりコレです。
対人コミュニケーションのイロハを忘れてしまったんでしょうね…。

こう言う人や迷惑な外人があまりに多いので、メッセンジャー自体をやらない女性はかなり多いです。

やっていたとしても、元々の知り合い限定など話す相手を絞ります。

まとめ「友人リクエスト承認=いきなりメッセOK」ではありません。

まずはコメント欄で絡んで仲良くなるなど順を追って相手との心の距離を縮めて下さい。

友人を増やす為に必要な事⑥ 友人リスト

-業者の存在-

今のFacebookはLINEのIDをばらまく業者がかなり増えてます。

エロを連想する写メをプロフにして手当たり次第友人追加してLINEをばら撒き、引っかかった相手を詐欺サイトに登録させたりする迷惑な存在ですよね。


この手の業者は1アカウントあたりの活動期間は短いものの、活動中であれば誰の申請でも承諾します。

なので、自分の友人リストの友人数を稼ぐ事は出来ます。


ただし、普通の人は大量の業者を友人にしている人からの友人申請警戒するので、自分の友人リストに業者が多い場合はブロックして排除しましょう。

-警戒する理由-

その男性を自分の友人にする事で、男性の友人リストの中の業者がこっちに来るからです。
(「知り合いかも」に表示されたりするせいだと思います。)

業者はタイムラインのコメント欄も荒らしますから、それを嫌って大量の業者を友人にしている方を警戒し場合によっては友人申請を断ります

まとめ友人リストに業者が多い人は警戒されるので、リスト内の業者をブロックして排除しましょう。

友人を増やす為に必要な事⑦ 利用率

Facebookのアルゴリズム自体は公開されていませんが、ある程度以上利用している方が友人リクエストが来やすいので、利用率で「知り合いかも」への表示頻度が変わるのかもしれません。

-利用率-

沢山のタイムラインを書いたり、沢山の人とコミュニケーションを取ったりとかですね。

-いいねだけは効果が薄い-

ひたすら「いいね」を押しまくっても大して効果はありません。

「いいね」よりも、自分のタイムラインに反応が有ったり、誰かとコメントで絡んだり、こう言う部分を重視していると思われます。

YMK
YMK

Facebookの活性化の為に「盛んにコミュニケーションを取る会員」をよりプッシュしたいんでしょうね。

まとめ コメントを書いたりタイムラインを書いたりなど、積極的に利用した方が友人申請の数が増えます。
体感上では、自分のタイムラインのコメント欄で沢山絡むのが1番効果的に感じます。

友人を増やす為に必要な事 まとめ

7つの項目で解説させていただきました。

Facebookの利用目的は人それぞれですから、友人を増やすも増やさないも個人次第です。

でも沢山の友人と楽しくコミュニケーションが取れた方が楽しいですよね?


1つ1つは簡単な事ですから、是非試してみて下さい。

Facebookの利用目的 出会い

次に、Facebookでの出会いに付いて解説していきます。

YMK
YMK

先に言いますけど、出会いが目的なら出会いアプリ使った方が早いですよ。

出会いに関して、まず先にFacebookの利用者を調べてみました。

Facebookの利用者数

国内主要SNSの中でFacebookはInstagramよりも少なく減少傾向にあります。

LINE    8200万人
Twitter  4500万人
Instagram 3300万人
Facebook  2600万人

Facebookの利用者の年代

1位 40代
2位 50代
3位 30代
4位 60代
5位 20代

男女比は5:5~6:4位です。世代が上がる程に男性が多くなります。

女性のフリした業者が極めて多いので、20代30代の女性の実数はもっと少ないと思います。
20代30代の実数は男女比7:3とか8:2かもしれません。

Facebookの利用者の傾向

20代30代はTwitterが主流で次にInstagram、積極的にFacebookを使っている若い世代はあまり多くないと言えます。

「アカウントは持ってるけど使ってないなぁ」
こんな感じ積極的に利用をしている訳ではない会員層です。

逆に、TwitterやInstagramの波に乗れなかった上の世代の方の多くが、積極的にFacebookを利用している傾向にあります。

-SNS慣れしていない-

子供の頃からネットに触れてきた訳ではない世代が多いので、SNS慣れしていない人が多いのも特徴です。

利用歴自体は長いけど、SNSでの人との接し方がよく分からない…」こう言う利用者が他SNSより多くいる印象です。

Facebookの利用者の目的

①ビジネス目的
セミナーとか商品販売も含めます。

②ネット上のコミュニケーション目的
同じ趣味の人を見付けて絡んだりなど、本来のFacebookの形の1つと言えるでしょう。

③知人のみと絡む目的
ブログ感覚に近いかもしれません。
Twitterは文字数がありますから、文字を気にしないFacebookで近況報告を行ったりと言った感じです。

④出会い目的
出会い目的の大部分が男性です。
女性で出会いの為にFacebookを使っている人は極めてレアです。

Facebookは出会いのツールとしては使い勝手がよくありません。

望みもしないのに大量の男性が群がる事を嫌がる女性が多いので、当然と言えば当然です。

Facebookの利用者 まとめ

①Facebook利用者はInstagram以下で減少傾向にある

②40代以上利用者が多い
(20代30代は業者の水増しがある為)

③出会い目的の女性はレア

出会い目的ならFacebookは最適とは言えない

先に利用者の事をまとめましたが、Facebookは出会い目的の利用に向いていません。

-Facebookが向かない理由-

①目的が違う        
②アクティブユーザーの数  
③同一地域を探す事すら大変 
④大量に群がる男性(ライバル)

4つの理由をそれぞれ解説させていただきます。

目的が違う

Facebookを出会いの為に使っている女性は本当にレアです。
極めて親しくなれば出会ってもいいかな?と思っている女性すらもレアです。

後述しますが、出会いアプリのほとんどが女性は無料なので、出会い目的の女性は出会いアプリを使う為に、Facebookで出会いを求める女性はほとんどいません。

ここでちょっと「出会い目的の男性の特徴」を見てみましょう。

-出会い目的男性会員の特徴-

最初からメッセしたがる        
②返事しなくてもメッセを送り続ける   
③自分から絡んで来てるのに話題を振らない
④彼氏は?家は?など個人情報をすぐ探る 

「親しくなってからなら会ってもいいかな」と女性が思っていたとしても、これでは親しくなれません。

親しくなるステップを無視する強引な男性が多く、こうした男性会員の存在はFacebookを使う女性が減少している理由の1つかもしれませんね…。

女性
「Facebookはネット上(限定の)コミュニケーションツール」
「出会いは出会いアプリ」

男性
「Facebookで出会いたい(欲求を満たしたい)」

この違いは大きいです。

アクティブユーザーの数

アクティブアカウントは約2600万と言われていますが、「滅多に使わない人」や「業者が作ったアカウント」これらを除けばもっと数字は下がります。


その上で、男女比がありますから単純に女性は半分以下になります。


さらに、「出会いを視野に入れている女性」は極めてレアなので、出会いは極めて難しいと言えます。

まとめFacebookで出会いを探す女性は極めて稀です。
いくら男性が出会いを求めても、出会いを探す女性が見付からない状態です。

同一地域を探す事すら大変

ただでさえ出会いを視野に入れている女性がレアです。

そのレアな中で同一地域の女性となるともう絶望的です…


人口が極めて多い東京近県ならまだ可能性はありますが、レアケースを探し出す位なら最初から出会いアプリやった方が早いです…

出会いアプリなら年齢や地域で検索出来ます。
まとめただでさえ出会いを求める女性が少ないのに、同一地域となればますます出会いは難しいです。

大量に群がる男性(ライバル)

東京近県なら可能性はあると上で書きましたが、当然男性会員の数も増えます。

極わずかな数の女性を圧倒的多数の男性が奪い合う形になります。


圧倒的なポテンシャルがある男性なら出会いを勝ち取る事も出来るかもしれませんが…労力を考えれば最初から出会いアプリやる方が楽です。

まとめ僅かな女性に大量の男性が群がります。
努力しても時間を掛けても出会いを掴める男性は極々僅かです。

Facebookでの出会い

目的     

ユーザー数  

地域     

ライバルの多さ

この4つをクリア出来た場合にのみ出会いの扉が開かれます。

…確率で言うなら諦めた方が賢い選択です。

YMK
YMK

同じ時間を掛けるなら出会いアプリの方が効率的です。

出会う為のツール

-なぜFacebookで出会いを探すのか-

Facebookは出会いに向かないツールなのになぜFacebookで出会いを探すのか。

 
「他に出会う方法を知らないから」
1番多いのはコレですね。

とは言え「出会いアプリ」の存在はほとんどの人が知っていると思います。

ですが「出会いアプリは出会えないから」と思い込んでる人が大半です。


なぜでしょうか?

お金がかかる」「アプリはサクラがいる」

多くの人がこう答えます。


確かに悪徳アプリならそうでしょうね。
ですが年齢確認とかをちゃんとやってるアプリならそう言う事はありません。

ある程度以上の世代の人は、「詐欺サイト全盛期」を知っているだけに悪いイメージを持っていると思いますが、令和の今、アプリで出会うのは普通の事として浸透しています。

-アプリの出会いが当たり前な時代-

新婚夫婦を呼んでトークする老舗番組にアプリで出会った夫婦がたびたび出演したり。

つい最近の話ですが、女性芸人がアプリでセフレを見付けた話を番組で暴露されたり。

文●砲の対象になったアイドルが恋人と出会ったキッカケがアプリだったり。

今はアプリの出会いも当たり前な時代になっています。

-サクラいないアプリ-

また、今はクチコミ全盛期でもありますから、サクラアプリはすぐバレます。

大手の出会いアプリはクチコミで悪い噂が広まらないように、かなりデリケートでクリーンな運営を余儀なくされています。

そのお陰で楽に出会える時代になったとも言えますね。

出会いアプリは今や当たり前のツールです。

クチコミ全盛の時代なので、大手アプリはサクラを雇わない運営をしています。

-アプリは出会う為に登録している-

Facebookと1番大きく違うのは「出会いを目的とした人」が登録している事です。
もちろん女性も出会いの為に登録しています。

Facebookでは極めてレアでも、出会いアプリなら全員が出会い目的で、年齢や地域で検索して女性をリストアップする事も出来ます。

-アプリの会員数-

Facebookのアクティブユーザーは2600万人と調査で判明しています。

それに対して、出会いアプリ最大手のハッピーメールは累計会員数2000万人を突破しています。
(会員数日本1位です)

Facebookより人数の面で若干劣りますが、全員が出会い目的である事を考えると、出会いやすさは雲泥の差です。

特に女性は無料で使える所が大半なので、出会い目的の女性はわざわざFacebookで探さず最初から出会いアプリで探す為、出会いアプリを利用する女性会員は非常に多いです。

まとめ出会いアプリを使えば、出会う意思がある女性を探す手間が省けます。

また、お互いに出会う目的で利用しているので話も早いです。

出会いアプリの選び方

出会いアプリが当たり前のツールになったとは言え、アプリ選びは本当に大事です。

詐欺アプリ回避方法

-回避方法-

カンタンです。
大手アプリを使えば回避出来ます。

運営歴が10年を超える所はちゃん出会えているからこそ続けていられるからです。

大手のハッピーメールやPCMAXは運営歴が20年近くと極めて長いです。

-年齢確認を徹底している所に限定する-

年齢確認は出会い系サイト規制法義務付けられています。

利用にあたって年齢確認の必要が無い物は絶対に利用しないで下さい。
義務違反を行っているアプリは全部詐欺だと思って構いません。

まとめ運営歴が長く、年齢確認を徹底しているアプリに限定する

出会いアプリの料金

①定額月額制月に4000円~の料金だけで最低限の機能を使えます。
(金額はアプリによって変わります)

ただし最低限度の機能だけなので、必要に応じて追加課金が必要です。

②ポイント制1ポイント10円位、メッセ1通5ポイント(50円)の所が多いですね。

(ポイント代が異常に高い所は全て詐欺です)

定額月額制とポイント制で、出会いやすいのはポイント制です。

定額制アプリの現実

定額月額制は会員同士のメッセに費用が掛からない所が多いです。

なので一見安く済むように見えますよね?


ですがこれが落とし穴です。


無料だからと片っ端からアプローチの乱れ打ちする男性会員ばかりになります。

-大量のライバル-

Facebookの女性会員には大量のメッセや通知が来ます。
定額制アプリもこれと同じ現象が起きます。

いいねやメッセが無料なので、男性会員は片っ端から送りまくった結果こうなります。

女性会員は1日に数百件のいいねが届くアプリもあります…
早ければ2日目にはいいねの合計が1000件を超えます

女性目線で言えば、こんなにも届き続けるとまともにアプリを使ってられません…


「話してみなければ分からないから」と考えた女性が、男性からの大量のいいねの中から複数の男性とマッチングしたとします。


すると、1度返事をした男性会員のメッセを見失うレベルで大量のメッセが届き、会話を続ける事すら困難な状態になります。

-追加課金-

定額料金を払った後も、大量のライバルの中で少しでも目立ちたければ、その都度課金が必要です。

課金してアイテムを買ったり、より高いプランに切り替えたりしなければ中々出会えません。

定額費用だけではメッセが無料なだけで出会いづらく、出会いたければ定額費用に加えてさらに追加課金が必要なんです。

定額制アプリの現実定額制の定額料金は最低限の機能しか使えない

大量のライバルの中で出会いを掴む為には、その都度課金が必要結局かなりの費用がかかる。

男性が追加課金をしても、女性には多くの男性から大量のアプローチが届くので返事が途絶えやすく出会いにくい。

ポイント制アプリの現実

-ポイント消費(料金)-
いいね → 1ポイント(10円)
メッセ → 5ポイント(50円)

ポイントの消費量はアプリで変わりますが大体こんな感じです。


「1通ごとにポイント消費かぁ…」と思うかもしれませんが、定額制のように乱れ打ちする人がいないので、自分のアクションをちゃんと女性に気付いてもらえて、無駄打ちを抑えられます。

ポイントを消費する分、手当たり次第に動く男性が減り、自分のアプローチがちゃんと女性に届きます

また他男性会員の乱れ打ちがないので他に邪魔されず、会話が途切れにくくなり出会いやすいです。

-全ての機能を使える-

また、定額制アプリは定額料金だけでは最低限の機能しか使えませんが、ポイント制アプリは最初から全ての機能を使えます。

定額制では課金アイテム扱いな機能も、ポイント制なら最初から使える事はよくある話です。

-ライン交換が早い-

最大のメリットがこれです。

ポイント制アプリの女性会員は男性がポイントを使ってメッセしてる事を知ってます。

なので、多くても10通やり取りする頃にはライン交換出来てます。
(早ければ5通もかかりません)

ライン交換(女性目線)メッセでお金を使わせ続けるのが申し訳ないので、ある程度話して変な人じゃない事が分かればライン交換をOKする女性がほとんどです。

なのでメッセは1通50円ですが、結果的には少しの費用でラインを交換出来ます。

10通メッセした場合は使った額は500円
5通のメッセで交換なら250円でライン交換です

初めてで勝手が分からなかったとしても、3000円課金して使い切るまでには勝手も十分わかり出会いが見つかる人がほとんどです。

極めて不器用でも5000円分も使ってみれば十分かと。

まとめポイント制は手当たり次第に動く男性が減るのでちゃんとアプローチが届く。

ポイント消費を女性も理解している分、早い段階でラインを交換出来るから結果的に安く済む。

出会いやすいオススメアプリ

定額月額制アプリとポイント制アプリの現実を解説しましたが、中でも出会いやすいオススメアプリをご紹介。

総合 1位ハッピーメール(18禁)

1とにかく会員が多く地方でも簡単に出会える
2プロフ閲覧が無料なので業者回避がカンタン
3遊び恋活中心で出会いに抵抗が無く話が早い (会わない前提の暇つぶしが少ない)
4最初に1200円(メッセ24通)分ポイントがもらえるので無料のままLINE交換出来る(出会える)可能性大 (24通もメッセ出来るので高確率で複数人とLINE交換出来ます)
ハピメで無料で出会う方法はこちら
無料登録で1200円分ポイントを受け取る ↓

ハッピーメールはコチラ<18禁>

「会員数」「業者の見分けやすさ」「出会いまでのテンポ感」どれをとっても1位で、出会いを探すならハッピーメールを使わない手はありません。
最初にもらえる1200円分のポイントだけでも高確率でLINE交換が出来るので、アプリ初心者でも出会いやすい。
これから出会いを探す方はもちろん、他で出会えなかった人にも1番にオススメ出来るサイト(アプリ)です。 (登録500円分+年齢確認500円分+アドレス登録200円分=1200円分のポイント受取)

総合 2位PCMAX(18禁)

マッチングアプリPCMAX

アダルト目的ならダントツNo1です
1
会員数の多さから地方でも簡単に出会える
2サイト内コンテンツが極めて多い (ログイン中の会員が多くレスポンスが早い)
3遊び恋活中心で出会いに抵抗が無く話が早い (会わない前提の暇つぶしが少ない)
4既婚者OKでアダルトな出会いに特化
5
セフレ、不倫、SM、アブノーマルなど他にはない出会いが見付かる

PCMAXはコチラ<18禁>

登録無料で地方でも出会いやすい

サイト内コンテンツが充実しているのでログイン中の会員が多く、いいねやメッセのアクションに対してすぐ反応があります。
ハッピーメールが遊び~アダルトまで幅広いのに対して、PCMAXはアダルトに特化しアダルトな出会いなら圧倒的にNo1です。
会員数1位のハッピーメールと二刀流で利用する事で出会い無双を実現出来ます。

総合 3位ワクワクメール(18禁)

1他に比べて業者が少ないので、アプリに不安を感じる人はワクワクメールがオススメ
220代女性の会員数の伸び率が高い

≪18禁≫ワクワクメール

登録無料で業者が少ないアプリです

業者の少なさはランキング中1番で、その分出会いやすいです。
会員数は上位に劣りますがアクティブユーザーが多く、地方でも出会いを見つけられます。

総合 4位ミントC!Jメール(18禁)

130代~50代の出会いに強い
2西日本に特に強く、九州では無類の出会いやすさ!
3
九州在住なら鉄板でオススメ出来ます

ミントC!Jメールはコチラ≪18禁≫

登録無料で九州では無敵の出会いやすさ

上位と同じくかなりの老舗サイト(アプリ)です。
古き良き見た目や使い勝手な事もあってか、他アプリより中年層の会員の出会いが盛んです。(若い世代も当たり前に出会ってます)
上位3つと比べ会員層が違うので、他では出会いが見付からなかったとしてもJメールでなら出会える事がよくあります。
九州を中心に広告展開を行っているので、九州や西日本では無類の出会いやすさが特徴です。特に九州では1,2を争う出会いやすさです。

総合 5位イククル(18禁)
イククルロゴ
1会員数の上層率が高い=出会えている証拠!
2会員数1500万人突破!
3ここ最近一気に会員数を伸ばしているので、地方でも楽に出会えます。
4
他アプリより無料ポイントが多いので無料で出会える可能性大!
5
20代~50代まで幅広い会員層
32通分の無料ポイントを受け取る

イククル登録はこちら<18禁>

無料で登録出来ます

ハピメやPCMAXに比べ同性ライバルが少なく、順位は5位ですが最近特に会員数が急上昇中です。(メインではなくハピメやPCMAXとの併用がオススメです。)

総合 6位YYC(18禁)

ボトルメールなどの独自機能

YYC≪18禁≫

登録無料の老舗アプリです

ハッピーメール、PCMAX、ワクワクメールと同様に古くからある老舗サイト(アプリ)です。 上位の方が出会いやすいのは確かですが、ランク外のサイト(アプリ)を使うのに比べれば圧倒的に出会えます。

まとめ

YMK
YMK

Facebookの友人を増やすコツや、出会い目的の利用に関してまとめてみました。

出会い目的に関しては、Facebookで一生懸命出会いを探してる男性会員がかなり多いくて「アプリやればカンタンなのになんでやらないんだろ…」と思っていたので、併せて紹介してみました。


出会い以外でFacebookを使っているなら、プロフやタイムラインを見直して友人リクエストが承認されやすい見た目にするなどして、SNSライフを楽しんでみて下さい。

出会い目的でFacebookを使っているなら、出会いアプリに乗り換える方が早いですよ?


出会いアプリはどこもお金は掛かりますけど、月に数千円です。

出会えないままFacebookをさまようよりは、1~2か月だけと自分で期間を決めて数千円×2使って出会いを見付けた方が時間もコスパもいいですよね。


とは言ってもSNSの使い方は人それぞれなので、自分に合った使い方を見付けて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました