出会い難いマッチングアプリの3つの特徴

「会員の目的や世代」こう言った利用者の個性とは無関係に、出会い難い仕組みのマッチングアプリは大量にあります。

出会い難い仕組み
①マッチングしなければメッセすらできないアプリ
②会員が1人で大量にいいねできるアプリ
③届いたいいねが1人ずつ表示されるアプリ

この①②③全てに当てはまるアプリは非常に出会い難い仕組みと言えます。
(1つだけならそこまで大きな問題はありません)

出会い難い仕組みにして会員をジタバタさせる。そうして少しでも長く利用(課金)させるためなのかな?とすら感じます…。

①~③それぞれ問題を詳しく解説させていただきます。
本記事では言及しませんがサクラアプリ&詐欺アプリは論外です。

この記事を書いた人
女性イラスト

サヤ:
恋愛・婚活アドバイザー

マッチングしなければメッセすらできない:出会い難いアプリの特徴①

定額制マッチングアプリのほとんどで採用されています。

この部分だけ見れば特に出会い難さはありません。
他の要因と組み合わさる事で出会い難さが加速していきます。

このタイプのマッチングアプリだと、利用者はマッチングしなければ何もする事がありません。
退屈ですよね。

そのため一部のアプリでは、大量にいいねをさせる事で「出会いの期待値」を会員に与えています。

「いいねしたから返事来るかも!もうちょっと待ってみよう!」この期待感です。

こうやって退会させないように仕向けています。

ですが、この大量のいいねが次の問題を産みます。

会員が1人で大量にいいねできる:出会い難いアプリの特徴②

いいね機能があるだけなら全く問題ありません。

「いいねを送り合う」→「マッチング」→「やっとメッセ可能になる」
この流れを採用しているアプリだと話が変わります。

男性は片っ端からいいねしまくります。

「男性会員の数」×「大量にいいね」です。

大量のいいねが産む出会い難さ

1人の女性に1000件以上のいいねが届く事はよくある話です。
このタイプのアプリではいいね数百件程度は当たり前の世界です。

これが問題の中心です。

さらに、届いたいいねの見難さが出会い難さに拍車を掛けます。

いいね機能があるアプリでも、いいね出来る数が少ないアプリはこの問題は発生しにくいです。
1人で大量にいいねできるアプリに限定した致命的なデメリットです。

届いたいいねが1人ずつ表示される:出会い難いアプリの特徴③

特徴②に該当するアプリでは、女性1人に1000件のいいねはよくある話です。
アプリ初心者なら恐怖を感じる量です。

ですがアプリの中にはいいねを1件ずづでしか表示できないアプリがあります。

1000件以上も来るのに1人ずつです。

そうです。
いいねを一覧表示させないアプリがあるんです。

いいねの全体量が少なければ1人ずつ表示でもなんとか頑張れます。
「1000件以上届く」のに「1人ずつ表示」とこのバランスの悪さが問題です。

会員の一覧表示はあるのに、いいねの一覧表示はない。
アプリ運営が意図的に一覧表示させていないと考えられます。

1人ずつ表示が産む致命的な出会い難さ

1000件いいねされても1人ずつ表示なら全て見る事は不可能です。

かなり頑張っても100回もスワイプすれば疲れます。
残りは見る事なく放置です。

女性目線
届いたいいねの中から自分に合う人を探しにくい。

男性目線
女性側が全てのいいねを見ないので、自分のいいねが表示される可能性は低い。

段々と問題が見えてきたかと思います。
さらに詳しく掘り下げていきますね。

大量のいいねを吟味する事に疲れた女性の行動

いくら真剣な女性でも、1000枚のプロフを1枚ずつは見ていられません。

最初は気合を入れて見ていられても、数十人程度で限界です。

その後の女性の行動は大きく2つです。

①アプリを止める
②適当にいいね返しを連打する

本当にこうなります。

さらに詳しく言うと↓こうなります。

①いいねの中から年齢や地域で絞り込んだ上で、いいね返しを連打する。
②届いたいいねを絞り込まずに、いいね返しを連打する。

男性が思うほど女性はいいね返し(マッチング)に思いを込めていません。

込めていられない程の量が押し寄せてきているからです。

もう男性が自分のプロフィールや写真をこだわるとかそう言う次元じゃないんですよ。

*出会い難いアプリの特徴①~③全てを満たすアプリに限った話です。

こうした困難を潜り抜けてやっとマッチングしたとしても、まだまだ問題は山積みです。

運よくマッチングできても問題は山積みです

運よくいいね返しの連打に含まれて、マッチングしてもらる男性はそれなりにいます。

これはただ連打に含まれていただけです。
何の想いもありません。

なので男性は、ここから女性の興味を惹かなければなりません。
(これはある意味当然の事ですけどね)

ここで新たな問題が発生します。

無料でメッセできるのはアナタだけではありません。

「いいね返しの連打」に含まれていた全員がその女性と無料でメッセできます。

つまり、ライバルが異常に多いんです。

大量のメッセに悩まされる女性

やっとマッチング出来た!!と感じた男性達は一斉にメッセを連打します。

「いいね返しの連打」に含まれていた男性の多くが「メッセを連打」です…。

あっと言う間に女性のメッセBOXは煩雑な物になり、しばらく収拾が付きません

男性は、この状況下で自分をアピールし、出会いを掴む必要があります。

ちょっと想像しただけでも困難極まりないと思いませんか?

また、女性は大量のメッセを浴びながら最もまともな男性を選ばなければなりません。

正直結構大変です…。
メッセ無料だからって会話が適当過ぎる男性も山ほどいるからです。

「使いづらい」「出会い難い」マッチングアプリが増殖中

ここに書いた事って「大量のいいね」か「1人ずつ表示」のどちらかを変えてくれれば解決できる問題ですよね。

でも解決させないどころか、定額制マッチングアプリの多くはこの方法を真似る形で増殖しています。

使いにくい方がいい、出会い難い方がいい、と考えているのかもしれません。

その理由
出会いまでに時間が掛かった方がより多く課金するから?
(ちょっと嫌な目線での予想ですけどね)

そもそもちゃんと出会えるアプリなら、12ヵ月なんて長期の課金プランがあるなんておかしいと思いませんか?

12ヵ月も探し続けないと出会いが見付からない…そんな可能性があるアプリなのかな?と思いませんか?

「1ヵ月」「3ヵ月」「6ヵ月」「12ヵ月」
よくあるこの課金プランで3ヵ月を選ぶ人は多いと思います。(心理学で言う松竹梅理論です)

でもちょっと考えてみて下さい。
出会い探しに3ヵ月を想定するってかなり長期プランです…。
12と6があるから3が少なく感じるだけで、3ヵ月は長いです…。

出会いやすいアプリなら登録数日や1~2週間程度で出会ってますよ。
(クチコミ評価がそれを物語っています)

どのアプリが出会いやすいかは、利用者の目的や世代で変わります。

ですが「出会い難いアプリの特徴①②③」を併せ持つアプリはオススメできません。

気になる方向けに記事の最後に①②③を考慮した上でオススメできるアプリを記載しておきますね。

出会い難くても退会せずに利用し続ける会員の心理

出会い難いアプリなんて退会すれば?

こう思いますよね。
その通りです。

他に出会いやすいマッチングアプリはいくらでもあります。

ですが不思議と止めない人もいます。

理由は大きく2つです。

①アプリとはこう言う物だと誤解している。
②途中で止めると基本料が勿体ない。

それぞれ考察していきます。

退会しない理由:アプリとはこう言う物だと誤解している

「大量のいいね」「1人ずつ表示」このやり方のアプリって多いですよね…。

多いが故に、「アプリってこんな感じなんだ…」と錯覚してしまうのでしょう。

出会い難いアプリを無理に使わなくても、出会いやすいアプリは他にいくらでもありますよ…。

退会しない理由:途中で止めると基本料が勿体ない

男性会員に非常に多いですね。

「お金を払ってしまったから使いにくいけど続ける。」
↑これ心理学で言うコンコルド効果その物です。

先に払った月額基本料を惜しむ事で、自分の時間と出会いのチャンスを失っています。

ここで優先すべきは出会いです。
その為に必要なのは損切(アプリを変える事)です。

払ってしまった後ですから気持ちはわかりますが、未来の時間を無駄にする方が痛手です。

結局どのマッチングアプリなら出会えるのか

前提条件無しで万人にオススメできる万能アプリはありません。

何歳の人がどんな出会いを探しているのか。
これ次第で最適なアプリは変わります。

逆にオススメしないマッチングアプリは簡単です。

①マッチングしなければメッセすらできないアプリ
②会員が1人で大量にいいねできるアプリ
③届いたいいねが1人ずつ表示されるアプリ
この①②③の全てを併せ持つアプリはオススメできません

その上でになりますが、個人的に出会いやすいと感じるアプリを挙げておきますね。

アプリのオススメ:ライトな遊び

アプリ名:aocca(アオッカ)
アプリ名:ハッピーメール
アプリ名:ワクワクメール

aocca(アオッカ)はいいねを送り合うマッチングをしなくてもメッセージを送れます。
気になる人がいたら最初からメッセージを送れます。
定額制アプリとしては珍しいやり方ですが、これが功を奏し物凄い勢いで会員数が増えています。

「少しでも複雑化させ会員を長期利用させる運営」から「ユーザーファーストの運営」に業界が転身するキッカケになるかもしれないマッチングアプリだと感じています。

欠点

極端に人口が少ない地域だとまだ会員数が十分ではありません。
(大都市、地方都市またはその周辺なら可能性は十分です)

ハッピーメールワクワクメールポイント制アプリです。
様々な目的の方が多く登録しているので、遊び目的でもかなり出会いやすいです。
ハピメとワクワクのどちらかで言うなら、会員数の都合でハッピーメールの方がオススメです。

欠点

ハッピーメールは遊び目的なら欠点無しです。
会員数は2700万以上と群を抜き、他アプリに比べればかなり出会いやすいです。
(知名度上位クラスのペアーズですら会員数は1000万人なので、その多さが分かるかと思います)

アプリのオススメ:恋人探し(恋活)

アプリ名:ハッピーメール
アプリ名:ワクワクメール
アプリ名:ペアーズ(Pairs)

ハッピーメールとワクワクメールはポイント制アプリです。
恋活以外の目的の方も多くいますが、会員数が極めて多いので恋活としても十分使えます。
どちらかで言うなら、会員数の都合でハッピーメールの方がオススメです。

ペアーズは定額制のよくあるタイプのマッチングアプリです。
いいねの量が少し多く、出会い難い特徴に当てはまる部分もあります。
そのため、利用するならその覚悟と我慢が必要です

選び方

①ハッピーメールやワクワクメールで目的外の会員を避けながら出会いを探す。
②ポイント制に抵抗があるなら、ペアーズで使いにくさを我慢して出会いを探す。
このどちらかになります。

アプリのオススメ:婚活(結婚相手探し)

アプリ名:ユーブライド(youbride)

ユーブライドに関しては私ではなくてもほとんどの方がNo1に名前を挙げる位に実績があります。

婚活色が強いので、遊び希望の方は合いません。

*制限はありますが、男性でも無料でメッセージのやり取りができます。

欠点

婚活で利用するなら特に欠点はありません。
唯一、再婚やシングル婚なら別にもっと強い所があるぞと言う位です。

アプリ以外の婚活のオススメ

結婚を最優先に考えるならユーブライドよりもオンライン結婚相談所のスマリッジが最もオススメです。
(ユーブライドはあくまでもアプリの中でのNo1になります)

結婚相相談所の名称で少し身構えるかもしれませんが、今はスマホ1つで使えるので身構える事なく気軽に利用できます。

スマホの利便性と、旧来の結婚相談所の成婚率を掛け合わせた、新時代の結婚相談所と言えます。
(結婚相談所のサービスを月9,000円で利用できます)

アプリのオススメ:再婚やシングル婚

アプリ名:マリッシュ(marrish)

「再婚やシングル婚ならマリッシュ」これは私に限らず、アプリに詳しい方なら共通の認識です。

再婚やシングル婚を前面に掲げるアプリが他には無い分、独自の地位を築いています。

欠点

再婚やシングル婚に該当する方なら、欠点は何もありません。

アプリのオススメ:大人の関係や浮気や不倫

アプリ名:PCMAX

アダルトな目的でアプリを探すならPCMAXは絶対的No1です。
アプリ全体がアダルトに特化したポイント制アプリです。
そのため、目的外の会員が極端に少ないです。

単純に身体の関係だけではなく、もっとディープな性癖を前提にした出会いすらも簡単に見付かる位にアダルトに強いですね。

既婚者も利用可能なので、(堂々と?)不倫や浮気の募集も可能です。

欠点

アダルト目的で使うなら確実にNo1ですが、ポイント制なのでそれを嫌う方は多いです。

費用の目安
アプリ内では5~10通のやり取りでの連絡先交換が主流。(10通ならポイント500円分です)
会員同士の目的が一致している分話が早く、連絡先交換も早いです。

月額費用は0円なので、500円で相手を見付ければ500円だけの出費で済みます。

出会い難いマッチングアプリの3つの特徴:まとめ

マッチングアプリの機能面、仕組みの面から出会い難さや使いづらさをまじえ解説させていただきました。

自分の年齢や目的が利用者の年齢や目的と噛み合っていたとしても、使うアプリが出会いにくい仕組みのアプリだとどうしても出会いは難しくなります。

定額制マッチングアプリの場合、先に費用を払ってしまったがために、勿体ないから使い続けようとする人は多くいますが、出会いにくいのにずるずると使い続けてもいい結果は産まれません。

出会いを優先するのであれば、自分にあった出会いやすいアプリで出会いを探す事こそが出会いの近道と言えます。

マッチングアプリは大流行していますが、アプリ別のデメリットまで知る人はそこまで多くありません。

特に機能面のデメリットは、アプリに詳しくなければ書けないので、ちゃんとデメリットの警鐘を鳴らしてくれる記事はまだまだ少ないです。

今回の記事がアナタに取って出会いやすいアプリ選びの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました