「ワクワクメール」Android用アプリ「AYA」と「ワクワク」の違い

ワクワクメールのAndroid用アプリは2種類あります。

AYAあーやワクワクロゴ

「AYA(あーや)」GooglePlayで配信
「ワクワク」ワクワクメール公式サイトで配信

なんで2種類あるの?

って思いますよね。

GooglePlayからの「リジェクト」やリジェクト対策の「機能制限」が原因だと考えられます。

ここではAYAとワクワクと2種類のアプリが存在する理由や、AYAとワクワクの使い勝手など違いを詳しく検証していきます。

先に結論ですが、「AYAやワクワクなどのアプリ版」より「WEB版ワクワクメール」の方が機能が充実しているので、利用するなら圧倒的にWEB版がオススメです。

「AYA」と「ワクワク」2種類のアプリがある理由

理由に対する公式発表は無いので、アプリ業界の流れを基にした推測ですになります。

まず先に原因として考えられる「リジェクトとは何か?」から説明をさせていただきます。

マッチングアプリはリジェクトされやすい

マッチングアプリは数多くリリースされていますが、実は頻繁にリジェクトされています。

リジェクト

GooglePlayやAppStoreから追い出される事です。

一般には「アプリはGoogleやAppleの公式ストアからダウンロードする物だ」と認知されているので、「リジェクト=新規会員が増えない」となりアプリ運営者にとっては致命的な問題です。

追い出される理由は様々ですが、GoogleやAppleの指示に従わない場合はリジェクト(排除)されます。

リジェクトはGoogleやAppleの公式ストアから追い出されるだけで、ダウンロードしたアプリが消える訳ではありません。
(リジェクト中は、グーグルウォレットなどの公式ストア関連の決済が使用不可能になります)

「リジェクトは商品(アプリ)が店頭(ストア)から無くなるだけで、リジェクト前に商品(アプリ)を買った人はリジェクト後も商品(アプリ)を使える」こんな感じです。

利用者が気付いていないだけで、リジェクトと再リリースを繰り返しているアプリは意外とあります。

「犯罪レベルの悪事=リジェクト」ではありません

「公式ストアからリジェクト(排除)」と聞くと、犯罪のような物騒な何かを連想するかもしれませんが、割と簡単な事でもリジェクトされます。

マッチングアプリだとアダルトコンテンツの規制に抵触する事が多く、ワクワクメールもこれが原因でリジェクトされた事が予想されます。

世界基準で言う「アダルト規制」は日本人感覚と比べ圧倒的に厳しいです。

マッチングアプリはリジェクトされやすい

マッチングアプリの場合は掲示板や日記など、不特定多数が見る事ができる場所に「アダルトなワード」を書く会員が非常に多く、運営会社がこれらを少し放置しただけでもリジェクトされる事があります。

禁止ワードを設定して、禁止ワードを非表示や伏字にしたとしても隠語を使うなどする会員は後を絶ちませんから、イタチごっこ状態です。

日本人感覚だと「この程度でダメなの!?」と驚くレベルで世界基準の規制は厳しいです。

その為、GoogleやAppleはマッチングアプリその物を嫌い、リジェクトしやすい傾向にあります。
(マッチングアプリのリジェクトは他の大手アプリでもある話です)

リジェクト対策にAYAをリリース

GooglePlayからリジェクトされたワクワクメールは、ワクワクメールの代わりにGooglePlayからAYAという名前のアプリを関連会社名義でリリースします。

AYAあーや

中の会員は同じなので、ワクワクメールの会員IDとパスワードでAYAにもログインできます。
(メッセ履歴やポイントもワクワクメールと共有です)

共有と言うより、「ワクワクメール」と「AYA」と入り口の名前が違うだけで会員やポイント含め中身は一緒です。

ただしAYAは複数の機能が削られているので使い勝手が悪いです。
理由はアダルト関連でのリジェクトに対する対策だと予想されます。

不特定多数へのアダルトワードの露出と言うリジェクトの原因を、機能その物を削って対処した形ですね。

公式サイトからワクワク配信開始

AYAをリリースしたものの機能を削った事で出会いやすさが半減した事もあり、AYAはいまいち人気が出ていません。

人気が出ない理由

  • 事情を知らない人からみたら「AYAに登録したのに中身はワクワクメールだったぞ?!」と不審がられる。

  • 他アプリに比べて機能が少なく面白みがない。

その結果、GooglePlayを通さずにワクワクメール公式サイトから「ワクワク」と言うアプリを配信する流れになります。

AYAとワクワクの違い

今の段階では、ワクワクメールの公式アプリはAYAではなくワクワクだと言う事になります。
(AYAも引き続き使えて、ワクワクメールのIDとパスワードでログインできるので、ワクワクメールと無関係になったと言う訳ではありません。)

  • AYA
    リジェクト対策で機能を削りGooglePlayで配信
  • ワクワク
    GooglePlayを通さないのでAYAより機能が多く表現規制も若干緩い

ワクワクがGooglePlayを通さない事で生じるデメリット

ワクワクメール公式サイトから「ワクワク」を配信開始しましたが、GooglePlayを通さないアプリなので会員を増やす事が極端に難しくなります。

「アプリ=GooglePlay/AppStoreからダウンロード」とこれが常識になっているので、それ以外のアプリの探し方もダウンロードのやり方も知らない人が大半です。

  • AYA
    GooglePlay配信なので、アプリに興味がある人の目に留まりやすい。
    でも機能が削られていて面白みが無い。
  • ワクワク
    GooglePlayに載っていないので、存在を認知されにくい。
    でもAYAに比べ機能は充実している。

配信開始した「ワクワク」も集客面では大きな問題を抱えたままです。

「AYA」と「ワクワク」2サイト並行運用と言う荒業

AYAは機能面に問題、ワクワクは集客面で問題を抱えるまま両方を並行して運用しているのが今の状態です。

ワクワクメールとしてはWEB版ワクワクメールを使って欲しいのでは?と予想しています。

その為の入口として、GooglePlayでアプリを探す方の為にAYAを残し、AYAからWEB版ワクワクメールに流れてもらう。

どうしてもWEB版ではなくアプリ版がいい方の為に、公式サイトでワクワクを配信。

あくまでも予想ですが、こう言う思惑があるように思います。

そもそもGooglePlayやAppStoreを通すと、売上の30%を徴収されるので運営側からみれば利益率が極めて悪く、出来れば利益率が高いWEB版を利用して欲しいのが本音でしょう。

「ワクワク」はGooglePlayを通していませんが、だからと言ってアダルトに特化させている訳でもありません。

GooglePlayを通す気が一切ないならもっとアダルトよりにできますが、それをしないのは将来的には「ワクワク」をGooglePlayの審査に通す考えがあるからかもしれません。

AYAとワクワクの違い

公式Storeとアプリ運営の都合で2種類のアプリが存在しますが、機能面などでの違いがあります。

  • ワクワクの方が機能が多く、AYAは機能が少ない。
  • ワクワクはクレジット決済や電子マネー決済対応、AYAはGooglePlay決済のみ。
    (AYAの方が割高です)

機能面でもポイント面でもワクワクの勝ちです。

使うならAYAよりワクワクがオススメです。
*注 ただし、これはAYAとワクワクを比較した結果でしかありません。

AYAよりワクワクより、WEB版ワクワクメールの方が使い勝手がいいです。

Iphone版ワクワクを含めアプリ版はデメリットばかりで使う理由がありません。

ワクワクメールを使うなら、WEB版ワクワクメールにした方が絶対にいいと断言できます。

アプリ版とWEB版の違い、メリットとデメリットに関してはこちらでまとめてあるので、参考にしてみて下さい

アプリ版のデメリット
  • ワード規制
    業者判定しづらい
  • 機能が少ない
    出会いのチャンスが少ない
  • ポイントが割高
    余計に費用がかかる

「ワクワクメール」Android用アプリ「AYA」と「ワクワク」の違い まとめ

2種類のアプリが生まれた理由(推測)

Googleのリジェクト対策で機能縮小版ワクワクメールのAYAが誕生
 ↓
AYAの機能が簡素化されすぎている為、公式サイトからワクワク配信開始
 ↓
AYAは機能に問題、ワクワクは集客に問題を抱えたまま2種類を並走して運営中

「AYA」「ワクワク」「WEB版ワクワクメール」は1つに登録すれば同じIDとパスワードでログイン出来る。
(ポイントやメッセ履歴などは共有)

AYAとワクワクの違い
  • ワクワクと比べてAYAは機能が少ない。
  • ワクワクはクレジット決済と電子マネー決済、AYAはGooglePlay決済でAYAの方が割高。

結論

「AYA」より「ワクワク」の方が機能が多く割安で使えるので「ワクワク」の方がオススメ

ただし、WEB版ワクワクメールの方がさらに機能が充実しているので、使うならWEB版ワクワクメールが絶対オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました